2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.02.14(Fri)

313系制作の5

 今日名古屋はホワイトバレンタインデーでした。
しかし私は先週猫に手を咬まれ、今日は剣道で打撲しました。
全くツイてません。




 12月ごろから作り始めていた改造プラレール313系3以降次車が
3両になりました

前回の状態から3両化までと、「念願の編成」の写真は以下をご覧下さい。
スポンサーサイト
21:46  |  JR313系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2014.02.08(Sat)

313系制作の4

 前回の記事で計画を紹介していたこの車輌。
プラレール 313系
 ちなみに、このE217系の中間車は、
1年ほど前に学校の友人からいただいた初期製品です。

 実はこれは正月2日に加工を始め、一気にここまで仕上げたのですが、
例の考査のため今日まで作業が滞っていました。



 今日屋根まで一気に加工を終らせました。
屋根のビートプレスを再現してベンチレータを接着し、クーラーを揃えました。
プラレール 313系
 この1輌が完成すると、静岡の2500番代、2600番代、神領の1600番代が
新たに組めるようになります。







オマケ
東山線in雪
 今日は名古屋でも大雪が降り、
空転で電力加給になって停まってしまったことも…。
22:28  |  JR313系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.31(Tue)

313系制作の3

 とりあえず両端先頭車が完成しました。
2013年内に作れました。
20:36  |  JR313系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.24(Tue)

313系制作の2

 後になって判ったのですが、
あのとき名古屋で見た185系は大垣からのムーンライトながらの自走回送でした。
今冬のムーンライトながらは185系10連らしいです。


 313系は、前期車と後期車でライト、方向幕、列車無線のアンテナの位置が違います。
(前期車は0,300,1000,1500,3000番台、
 後期車は5000,5300,1100,1600,1700,1300,400,3100,2500,2600,2300,2350番台)

 中央運転会に持っていっても通用するように静岡車の編成が組め、また、
地元の車両として神領、大垣車も兼ねられるような仕様にするべく、
悩んだ末、後期車を制作することにしました。

 1車輌1パンタなので、
静岡車では2両、3両の2500/2600/2300番台、
神領車では3両、4両の1100/1600/400番台、
大垣者では6両、2両の5000/5300番台を組めるようにします。
 中間車も上記の編成を組み換えられる分制作します。


プラレール 313系
 先頭車(クハ312)と後尾車(クモハ313)の加工が終了しました。

プラレール 313系 プラレール 313系
 クーラー、パンタは塗装後に接着します。

プラレール 313系 プラレール 313系
 屋根は撤去したクーラー部分の穴にプラ板を埋込み、不足分のビートプレスを追加。
列車無線アンテナを車輌中央に移植。

プラレール 313系
 運転台部分の普通鋼でできている部分は、プラ板を貼り付けて境目を段差化。
屋根の高さを製品の顔に合せました。
ちなみにベンチレータは、過去の改造の際に撤去した205系金型のものです。

 今日はここまで。



 もう日付変りますが、明日(12/25)に伊勢参宮してきます。レポート書くかもです。

  それでは。
23:58  |  JR313系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.17(Tue)

313系制作の1

 中京民には当たり前すぎて注目もしない313系。
プラレールで製品化もされている313系。
そのデザインは最新気動車(キハ25)にも踏襲された313系。
最近静岡にも進出し、新電化区間(武豊線)にも投入される予定の313系。

 そんなJR313系制作がスタートしました。
番台はまだ決めていませんが、211系5000番台との併結が目的なので
神領の1500番台あたり、あるいは静岡の2000番台あたりにしようと思います。

 とりあえずどの番台も車体の外見はある程度共通なので、作業は進められます。



プラレール 313系
 種車は209系用の汎用金型と313系の顔。

プラレール 313系
 211系5000番台はクモハ211-5000(中津川/熱海方)が前なので、
313系はクハ312(名古屋/浜松方)を前にします。
 というわけで、先頭車のトイレ部分をパテで埋めます。

プラレール 313系
 屋根はもともとの集中クーラーを撤去します。
プラレール 313系

プラレール 313系
 ミュースカイのクーラー(AU712似?)を複製し、位置確認。

プラレール 313系
 プラ板の切れ端でビートプレスを再現
(373系の天蚕糸ビートははがれて全滅し、浮き上がった塗装面で辛くも雰囲気が残っています)。

 少しずつ進めていきます。

 それでは。
21:18  |  JR313系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。