2017-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.04.13(Sat)

いちにっさん!制作の3

 プラレールの123系40番台「富士ポニー」、本日加工が終了しました。

つまりは、顔ができたわけです。

[More・・・]

 顔は、「製品らしくシンプルに」をコンセプトに、プラ電車の顔を参考に制作しました。


プラレール123系
 t0.5プラ板を2枚切り出し、1枚に窓枠と方向幕を一緒に穴開け。


プラレール123系
 これをもう1枚目に貼り合わせ、窓を開けます。


プラレール123系
 裏から窓上を1mm分嵩上げし、2mmプラ棒で窓のピラーを設置。


プラレール123系
 さらにプラ棒とプラ板をふんだんに(『贅沢に』とも)駆使して、窓枠を太くします。


プラレール123系
 アンチクライマー、ライト、蓋なしタイフォン等を設置。
ライトにはコトブキヤの丸モールド2 3.5mmと1.5mmを、
タイフォンには165系製品のジャンクを使用しています。

 顔を接着後、瞬間接着剤+スチロール(プラ棒等)粉末で外の接ぎ目の処理をします
(瞬間接着剤でスチロールは溶けるらしいから)。

 ヤスリがけして、顔と車体の接合部分は曲面に処理。
ラッカーパテで傷埋め→水砥ぎ→プラ板部分をコンパウンドがけ→中性洗剤で洗浄
という工程で表面を仕上げました。


プラレール123系
 車体と屋根の境に筋彫りをつけ、
211系5000番台制作時に発生したパンタの余剰部品を使ってアンテナを設置。


プラレール123系
 これにて加工は終了!

塗装は・ ・ ・・・‥‥…‥‥・・ ・ ・余裕が出たらします。

完成したらみんプラに投稿します。
スポンサーサイト
23:00  |  プラレ改造  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://sanpachi38646.blog.fc2.com/tb.php/125-0b5302c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。